« 天井埋込換気扇の交換 | トップページ | 部屋の結露と対策 »

2009年6月25日 (木)

お風呂の換気扇

お風呂の天井換気扇が動かなくなってかれこれ1年という知り合いのお宅を訪問し、用意された換気扇を取付けてくれということで行ってきました。
 
築ウン十年の一軒家のユニットバス。どことなく嫌な予感がしてました。
 
 

おじゃましま~す・・・・
 
Dsc03464
 
 
そうです。天井に点検口がありません・・・
せめてユーティリティに・・・もありません。
 
(;´д`)トホホ…
 
・・・・・・・
 

・・・・・・・
 
外した天井換気扇の隙間からできることもありますが、やはりダクトの処理は点検口から体を入れて作業した方が綺麗に納めることが出来ます。
 
しかたがないのでとりあえず古い天井扇を外しますか。
わかりにくいですが、ダクトは塩ビ管で天井扇の天端吐き出し。
 
Dsc03463
 
 
 
ビスをはずし天井から天井扇を抜き出したいのですが、塩ビ管とがっつりノリ付けされているため降りてきません。そんなときはもちろん『ハンマー』でパリ~ンです。
 
Dsc03465
 
こんなかんじで撤去はOKです。
真ん中に見えるのが塩ビ管にくっついているパリーン状態の口の部分(チャッキ)です。
 
用意された換気扇は古いものより少し大きいので開口を機械で広げます。
私はジグソーを使います。

HITACHI ジグソー FCJ-65V3

HITACHI ジグソー FCJ-65V3
日立
売り上げランキング : 50550


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
問題はこれからです。
新しい天井扇はTOSHIBA DVF-G14CLE4なので、今ある塩ビ管を開口部から140mm以上奥で切断しなくてはいけません。
 
こんなときは点検口から行えばなんら問題なくいくのですが・・・(汗)
 
 
ということで天井裏に電線など塩ビ管以外にカットしてはまずいものが無いか確かめ、セーバーソーを開口部から入れ無理矢理手探りでカットします。
 
無事カットが終えたところに持参した100φのアルミフレキ(鉄フレキだと錆びます)を塩ビ管と結び、天井扇の口をまず付けます。
 
Dsc03466
 
 
 

それから本体を差し込みます。
 
Dsc03467
 
 
 
 
電気の線を結び、フェイスを付けて完了です。
 
Dsc03470
 
 
 
 
元々、天井に既設の換気扇用の凹みがあったため新しいフェイスが収まらなかったのはご愛敬ということで・・・
 
 
 

|

« 天井埋込換気扇の交換 | トップページ | 部屋の結露と対策 »

メンテナンス編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221705/30267536

この記事へのトラックバック一覧です: お風呂の換気扇:

« 天井埋込換気扇の交換 | トップページ | 部屋の結露と対策 »